私たちのストーリー

Sitting together around the idea of pleasure

一緒にテーブルを囲んで食事をする喜び。フランス語で「日々の糧」を意味する店名が表すのは食べ物としてだけではなく、私たちの生き方です。焼きたてのパンをオーブンから取り出すときに広がる温かく香ばしい香り、その美味しさをコミューナルテーブルで人々を分け合うこと。それが私たちが大切にする価値観です。

会話が空気を包み、ジャムがテーブルの上を踊る。
そんな優雅な時間を共に過ごしましょう。

Flour, water, salt and time

小麦粉、水、塩 そして時間。毎日が目まぐるしく忙しい現代ですが、ル・パン・コティディアンは、あなたをどこか懐かしい安らぎの空間へご招待します。私たちのパン職人が使用する材料はオーガニックの小麦粉、塩、水、ルヴァンの4つのみ。手でじっくり捏ね上げて大きな釜で焼き上げます。この昔ながらのやり方を守るのも、私たちの仕事です。

One slice of bread… and countless variations

ブレッド1スライスのマジック。オーガニック小麦のハードブレッドはベルギーの郷土料理のひとつ、「タルティーヌ」に欠かせないキャンバスです。季節の食材を飾り、シンプルでありながらテーブルを華やかに彩ります。

Belgian hand warmer

ベルギーのハンドウォーマー。アランがまだ子供だった頃、彼は毎週水曜日の午後におばあちゃんの家に遊びに行くのをとても楽しみにしていました。寒い冬の日、おばあちゃんが用意してくれるホットチョコレートが入った小さなボウルを手で覆うと、心から温まる感じがしました。

シェフとして、アランはその温かさをLe Pain Quotidienでも感じてもらいたいと思いました。取っ手のない小さなボウルは、子供のころの楽しい記憶を思い出させてくれます。中身がホットチョコレートでもカフェオレでも、手に取った時に感じる温かさは、私たちの気持ちです。

Join us at the table

テーブルへお越し下さい。Le Pain Quotidienの店舗の中心に置いてある大きなテーブルを、私たちはコミューナルテーブルと呼んでいます。私たちは、誰かとテーブルを囲み共に過ごす空間が人の心を豊かにすると考えます。ベルギーのブリュッセルにある第1号店のコミューナルテーブルは、引退したベルギーの電車の一部を使って造られました。それ以来、コミューナルテーブルには再生木材が使われています。コミューナルテーブルは店舗の中心として、どこか懐かしい雰囲気と心地よさを与えてくれています。

全員が入るのにちょうど良い大きさ、向かい合って話すのに
ちょうど良い幅のコミューナルテーブル。美味しい食事と共に
友人と話にふけるのも、新しい友人を作るのも自由。
ここは色が生き生きと輝き、音楽が美しい会話となる場所。
焼きたてのパンが新たなイメージをふくらませてくれます。
​いつでも席を用意してお待ちしています。

パンを焼くという伝統
Le Pain Quotidien means the daily bread. And to us, that means everything. It’s much more than mere sustenance; it’s a way of life. As our loaves emerge from the ovens, warm and fragrant, friends gather around our communal tables to share in the time-honoured tradition of breaking bread.